敬老の日に折り紙で簡単亀を作る!かわいいアレンジや箸置き

敬老の日にお祝いに折り紙で簡単な亀の作り方は?

お祝いにふさわしい縁起のいい亀。簡単なので子供と作ることもできますよ。

かわいい亀に仕上げるアレンジ方法もいくつかご紹介しますね。

ぜひ色々作ってみて下さい!

敬老の日折り紙で簡単な亀を作るのに必要なもの

まずは簡単な亀を作るのに必要なものからご紹介しますね。

【必要な材料・道具】

 ・折り紙
 ・はさみ

 必要であれば(★アレンジ編参照)

 ・柄ものの紙
 ・のり
 ・ペン

用意する道具は割と少ないです。家にあるものや100キンで揃えることが出来そうですよね。

敬老の日に折り紙で簡単な亀の作り方

では早速亀を作ってみますね。とっても簡単ですよ。

1.色面を下にして、三角に二回折って、折り目を付けます。

2.下向き三角の状態にします。

3.中心線に向かって角から合わせるように折ります。

4.角を上向きに折ります。

5.先端を少しだけ開くように斜めに折ります。

6.上一枚分を中央まで切り込みを入れます。

7.切り込みを手順(5)と同じように斜めに折ります。

8.横の角を中心線に向かって折ります。

↑両方とも折ります。

9.上の角を下に折ります。

10.手順(9)の角を少しだけ上に折り返します。

↑カメの頭になります

11.裏向きにしたら完成です!!

■かわいい亀にするアレンジ編

・お絵描き 編

ちょこんと目を描いたり、甲羅の模様を描くとカメらしくなってまたかわいいですよ。

・貼り付け 編

和物の柄や、甲羅っぽい柄を甲羅に見立てて貼り付けても雰囲気が変わります。

・箸置きに!

小さな紙でいくつか作ると箸置きにもなります!

敬老の日のお祝いの食卓を華やかに演出することが出来ますね。

■この折り方のポイント

細かく折るところや、折り重なっているところもあるので、しっかり折り込んでいくとキレイに仕上がりますよ。裏面をテープで貼り付けても良いです。

テープで貼り付けると、カードにも使える平面的な亀(右)になります。そして裏面をそのままにするとちょっとだけ立体的な亀(左)に。

敬老の日に折り紙で簡単亀を作る!まとめ

敬老の日に向けて簡単な亀の折り方をご紹介しましたがいかがでしたか?

とっても簡単なので、子供と一緒に作ることができます。ちょこっとアレンジするとかわいい亀にも変身します。

ぜひ敬老の日を素敵なお祝いにして下さいね。

■■敬老の日のプレゼントに人気の花 作り方はこちら ↓↓

敬老の日に折り紙で花の簡単な作り方 プレゼントやカードに

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL