折り紙で星の立体の簡単な作り方 1枚の紙ですぐできる!

折り紙で星の立体的な作り方とは?

とっても簡単な方法をご紹介しますね。コロンとした可愛らしい星が1枚の折り紙ですぐに出来上がります。

覚えておくと、七夕やクリスマスなど色々なシーンで使えますよ!

折り紙で星を作る時に必要なもの

まずは星の立体を作るのに必要なものからご紹介しますね。

【必要な材料・道具】

 ・折り紙
 ・はさみ
 ・のりまたはテープ

たったのこれだけです。家にあるものや、文房具店や100キンで揃うものでできますね。

ヒモをつけると七夕の飾りや、ラッピングなどにも活用できますよ。


折り紙で星の作り方

では早速、折り紙で立体的な星を作っていきましょう。

1.半分に切った折り紙を1枚用意します。

2.縦に2回折って4等分の折り目をつけます。

3.2を折り目で切って、4枚の端をつなげます。

4.端を1~2センチほど残して結ぶように折ります。

↑ほどけないために端をのこします。橋は折っておきます。

結んでいる部分が五角形の形になっていますね。

5.五角形の部分に巻き付けるように折り込みます。

6.最後の余った端は中に入れ込みます。

↑細い棒などを使うと入れ込みやすいですよ。

7.五角形の角を少しずつ指でつまみます。

↑五角形の角をすべてつまみます。

8.膨らみが出来て星の形が整ったら完成です!

左はコロンと膨らんでいますが、右はつぶれていますね・・

その違いは下のポイントでまとめてみました。

■ココがすごい!

キレイな星のポイントは正五角形です。

折り紙で五角形を作るには少しコツが必要だったりするのですが、結んで折るこの方法なら簡単に五角形にすることができます。

■この折り方のポイント

その1: 星の形を作っていく時は、五角形の角を少しずつつまんでいくとシワになりにくく、きれいな星になります。

その2: つなぎ合わせたあと、ノリがある程度乾いてから折って下さい。

その3: 4の五角形を作る時にはキッチリ目に結ぶようにします。五角形に巻き付けていく時もなるべくキッチリ巻き付けます。

コロンと膨らんだきれいな星と、シワシワでそうではない星との違いはこの3つのポイントにありました。

折り紙で星を簡単に作る方法まとめ

折り紙で星の立体を簡単に作る方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

ハサミとのりさえあれば、1枚の紙で簡単に作れますよね。

■折り紙での星の作り方はこちらでも紹介しています ↓↓

切って貼るだけの簡単な星!とは?

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL