桜の簡単な折り方とは?立体的になるコツや切る方法もご紹介

桜の簡単な折り方とは?ちょっとしたコツをプラスして立体的に見える方法もご紹介しますね。

春と言えば桜の季節ですよね。インテリアにデコレーションにプレゼントにと色々と使いたくなります。

ちょっと悩んでしまう桜の花びらの切り方ですが、均等になる折り方も覚えてしまえば意外と簡単ですよ!

桜を折り紙で作る時に必要なもの

まずは桜を折り紙で作るのに必要なものからご紹介しますね。

【必要な材料・道具】

 ・折り紙
 ・ペン、鉛筆など
 ・はさみ

たったのこれだけなんです!

家にあるものと、100均とで揃うもので作れてしまいますね。


桜の折り紙の作り方

では早速、桜の簡単な折り方をはじめてみますね。

1.半分に上へ折ります。

2.右上の角に端同士を合わせるように折り目を付けて開きます。

3.右下の角に端同士を合わせるように折り目を付けて開きます。

4.対角線の中央と左下の角を合わせるように折ります。

5.赤線の部分同士を合わせるように折り重ねます。

 ※2、3でつけた折り目は無視して下さい。

6.赤線の部分同士を合わせるように折り重ねます。

7.赤線を中心にして右側を後ろに折り重ねます。

8.ペンや鉛筆で線を引きます。(花びらになる部分です)

9.引いた線に沿ってはさみで切ります。

10.開いたら完成です!

簡単な桜の折り方・切り方はここまでです。

ここからより立体的にする方法もご紹介しますね。

11.花びらを内側に折りたたみます。

12.左側の下を数ミリだけ手前に折り返します。

紙が分厚く折り重なっているので、しっかり折り込んで下さいね。

13.裏返してまた左側の下を数ミリだけ折り返します。

14.花びらを開いて裏側にします。

15.12,13の折り目を整えます。

中心に行くほどうずを巻くような形になっています。

16.色面に向きを変えたら完成です!

折り目が付いてより立体的になりましたね。

■この折り方のポイント

8の線の引き方で桜の立ちに変化が出ます。

小さな線の方に角度を付ければシャープな切れ目に。

大きな曲線にカーブを付ければころんと丸い桜のフォルムになります。

ぜひ色々と試してみて下さいね♪

桜の簡単な折り方まとめ

5枚の花びらを作って貼り合わせるなど、桜の折り方は色々とありますが、この方法は比較的簡単です。

簡単ですが、折り目でちょっとだけ立体にも仕上がるのでぜひ参考にしてみて下さいね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL