スケートの服装でかわいいコーデは?初心者さん向きなのは?

スケートの服装でもかわいい格好がしたい!

スケートと言えば、ダウン?ジャージ?初心者さんにして見れば、何を着れば良いのか悩みますよね。

スケートにも合う服装で、なおかつかわいい着こなしのできるものをご紹介しますね。

他にも持って行くと良い持ち物についてもまとめましたよ。

スケート場での服装 どんなものが良い?

実際のスケートリンクでの皆さんの服装ですが、「防寒対策」と「動きさすさ」だけ気を付ければ割と自由です。

防寒対策ならやっぱりダウン?と思いがちですが、スケートでは結構動くので、暑くなることもあります。

スケート場の寒さですが、屋外ならその時の気温ですが、屋内での場合のリンク内の気温はだいたい5度前後です。

イメージするなら、冬の屋外の温度とそれほど変わらないです。これで服装選びがしやすくなりますね。

初心者さんは入ってしまったり、何度も転んだりと思った以上に暑く感じることも。時にはじんわり汗ばむほどです。

それでも動かなければやっぱり寒いので、体温調整のできる服装を考えておいた方がいいですよ。

<スケートに適した服装>

 ・上着
 ・脱ぎ着しやすいカーディガンなど
 ・薄手のトップス
 ・吸湿発熱素材のインナー
 ・マフラーや帽子

それではスケートに適した服装を踏まえて、かわいいコーデのポイントになるものをご紹介しますね。

・スキニー、ストレッチデニム

動きやすく、さらにコーデをスッキリまとめてくれる最強アイテムですね。

カラースキニーなら白いスケートリンクに映えるのでかわいいコーデで作りやすいです。

・ワイドパンツ、ガウチョ

中にタイツやレッグウォーマーなどの重ね着もしやすいので防寒対策にも最適。

またガウチョならスカートっぽいきれいなシルエットが出せるので、かわいく演出してくれます。

ワイドパンツを選ぶなら、アウターやトップスはタイトにまとめたいですね。

・小物類でかわいく

慣れないスケートでは出来れば動きやすく、パンツスタイルでまとめることをおすすめですが、「かわいいコーデとしては物足らない!」という方もいらっしゃいますね。

それなら帽子や手袋、マフラーなどの小物類でかわいいコーデのポイントにするのも一つの方法ですよ。

・スカートは?

特に初心者さんの場合、転ぶことも結構あるので、スカートはおすすめできません。

ただ、どうしてもスカートを選ぶのであれば、丈が長くて動きやすいデザインのスカートぐらいなら大丈夫でしょう。

その場合、ケガ防止のためにも厚手のタイツを選んで下さいね。氷でガリガリのスケートリンクでは薄手のモノや肌が出ているととても危険です。

人とぶつかったり、転倒した際にスケート靴の刃の部分が当たってケガをすることもあり得ますよ。

・髪型はどうする?

防寒のため、また安全のために帽子をかぶることはオススメです。アイススケートでの帽子はかわいいですよね。

ですが、帽子の苦手な方はまとめ髪にしておくこともオススメです。

結構動き回ったり、何度もかがんで靴ひもを結んだりもするので髪はスッキリさせておきたいですね。

寒さが気になるなら、マフラーやネックウォーマー、耳当てを活用しましょう。

まとめ

かわいさを重視するあまり動きにくかったり、万が一ケガでもしてしまったら、周りにも気を使わせてしまうもの。

動きやすさを考慮したファッションで思いっきりスケートが出来ればみんなで楽しめますよね。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL