スケートの服装 上着は何がいい?コートでも大丈夫?

スケートに適した服装とは?上着は何を着れば良いのでしょうか?

イメージではダウンなのですが、コートでは合わない?

久々のアイススケート。どんな格好が良いのか、どれぐらい寒いのか分からないですよね。

実際のスケートリンクの様子や、あると便利なアイテムまでまとめてみました。

スケート場での服装 上着は?

スケート場がどれくらい寒いのか、見当が付きませんね。

屋内のスケートリンクの場合、リンク内の気温は5℃前後

真冬の屋外の温度と変わらないぐらいと考えると服装のイメージがしやすいです。

そうなると、やっぱりダウンやコートなど防寒対策ができるものが良いのでしょうか?

ただ冬の屋外にいるのとは違い、スケートでは結構動くので、場合によってはじんわり汗を感じるほど、暑くなることも。

汗をかいて動かなければ、ものすごく寒い!など、体感する温度にはかなり差があります。

そのため、着ているものは温度調整のできるものにしておけば、上着はダウンでもコートでもパーカーでも大丈夫です。

温度調節の仕方もご紹介しますね。

<温度調整の工夫>

・吸湿発熱素材のインナー
・薄手のもので重ね着
・脱ぎ着しやすいカーディガン
・マフラーや帽子

割と自由にコーデを楽しめそうですが、動きやすい服を選んだ方が良いですね。

ただ、アイススケートではスケート靴のヒモを座って結んだりするのですそが付いてしまうよなロングコートは少し不向きです。

コート以外でもスケートに不向きなファッションもご紹介しておきますね。

<スケートに向かない服装>

 ×肌の露出
 ×ミニスカート
 ×タイトスカート

スケートでは氷の上で転ぶこともあるるので、短パンやミニスカートに靴下のような肌の露出があるファッションはおすすめできません。

転ぶことなく上手に滑れる方でも、コントロールの効かない初心者さんがぶつかってくることもアイススケートではあり得ます。

ケガ防止のために肌の露出は避けたいですね。

転んでしまうことがあるので、スカートはあまりお勧めできませんが、丈の長めの動きやすいスカートや、かなり厚手のタイツやレギンスを組み合わせるのことをおすすめします。

<スケートに必要なもの>

 ・手袋 ・長めの靴下

服装以外で注意しておきたいのが手袋です。手をついて転んだ時の保護にもなりますし、安全面の都合上、手袋着用でなければスケートリンクに入れないスケート場もあります。

また、スケート靴はブーツのように足首までしっかり固定するので、足首まで保護できる長めの靴下やタイツも必要です。

靴ずれ防止にもなりますよ。

スケートにあると便利な持ち物

スケートに行く時にあった方がいいアイテムについても押さえておきましょう。

 ・タオル ・絆創膏 ・小銭入れポーチ

アイススケートでは意外と汗をかくこともありますし、転ぶと濡れてしまうこともあるので、タオルやハンドタオルはあるといいです。

また、ケガだけでなく履き慣れないスケート靴で靴ずれを起こしやすくなります。絆創膏も持っておくと良いですよ。

そしてほとんどの場合、スケートリンクに入る前にコインロッカーに荷物を預けます。

リンク内では休憩タイムに何かを食べたり、ホットドリンクで温まることも多いので、小銭と小銭入れやポーチを用意しておくことをおすすめします、。

まとめ

意外と迷うスケートの時の服装。上着や持って行くと便利なものについてまとめてみました。

事前に知っておくと当日がより楽しめそうです。ぜひ参考にしてみて下さいね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL